目的や要件にあった製品|集合住宅での監視カメラ導入|お得な情報の入手と活用

集合住宅での監視カメラ導入|お得な情報の入手と活用

目的や要件にあった製品

女の人

自分の駐車場や保有地内で違法駐車がされている場合があります。1度であれば見逃してあげるのもよいですが、複数回に渡って違法駐車をされると自分の生活に悪影響を及ぼす可能性があるので早めの対処が必要です。有事の際に証拠映像として提出できるように監視カメラを敷地付近に設置するのも良いでしょう。便利な監視カメラですが、一般家庭で製品を購入する場合はいくつかの選定ポイントが存在するので覚えておくと役立ちます。まず1点目のポイントは目的に必要な画素数を備えている監視カメラを選ぶということです。カメラは画素数というものが存在しており、この数値が低すぎると画質が落ちてしまいます。違法駐車に対策できるよう、ナンバープレートの番号や人の顔が選別できる画素数を持った監視カメラが最適です。
また、監視カメラ側の画素数が高くても、それに対応するレコーダーが無ければ録画できないので、カメラとレコーダーはセットで購入するのが良いともいえます。2点目のポイントとしては、ピント調節機能が搭載された製品を選ぶということです。レンズが固定されているタイプを導入してしまうと、ピントが合っていない映像を録画してしまうことになるのです。レンズが調整できる製品はバリフォーカルレンズと呼称されているので、購入時の参考としましょう。3点目のポイントは設置場所の環境や時間帯です。夜中や暗い所で監視カメラの利用を考えている場合は、赤外線がついた監視カメラが必要となるのです。